hiro in ca.

バンクーバー在住の大学生!海外の大学やカナダのことについて書きます。

自分は自己中心的です。でも、それでいいと思ってる。

Hiroです!

今回は自分の生き方というか考えの根本、生きてるうえで大事にしてることを少しお話しします。

 

自己中心的であることに反省?ありません。

f:id:hiroki0guitars:20161125144906j:plain

 

いきなりなんだって感じですよね(笑)

自己中って空気を読めないとか、周りと違うことをするとか、そういう風に認識されてるじゃないですか。そして、それは社会的にネガティブな要因として。

自分は、そうは思いません。

 

いいじゃないですか、自分中心的な考え方。

 

自己中ってのは、自分の中にしっかりとした芯がないとなれません。

自分がどうなりたいか、どう振る舞いたいか、何をしたいか。

はっきりしてるんです。彼らは、そして自分も。

常に自分を物差しに、どうしたら自分が幸せでいられるか、満足していられるか、を第一優先に考えてます。

 

でも、それって周りをおろそかにしてるんじゃないの?って思われるかもしれませんが、それは別の話です。

逆に非自己中、つまり周りの空気が読めて、それに合わせるのが得意、そんな盛り上げ上手か、もしくはいつも付和雷同してる人、確かにいます。

けど、その人たちが周りを大事にしてるかと言われればそうだとは言い切れません。むしろ自分が傷つかないように動いているだけだと思います。

 

周りに合わせて動けば、確かに相手の気は取れるかもしれませんが、そこにある己の意思は薄いです。

周りの気ばっかとったり、周りからの評価を気にして臆病に生きるより、自分の思うように、好きなように生きる方が100倍幸せな人生です。

 

どっちを選ぶ?ルールか人か。

f:id:hiroki0guitars:20161125145340j:plain

 

 去年、日本に帰った時に派遣のバイトでV系ライブのスタッフをやった時がありました。

何十人かで同じTシャツを着て、現場の人から命令されたようにだけ動く仕事で、僕はライブ中のロッカーの警備につきました。

お客さんが入ってきて、その中に大きいスーツケースを持った人がいたんです。でもコインロッカーは小さいのしかなかった。

そこで、俺は思ったんです、ライブ中この場所に待機するんだから預かってあげようと。そうロッカーに入らなくて困ってるお客さんに尋ねたら、とてつもなく感謝されました。ありがとう、困ってたんだ、これで気兼ねなくライブを観れる、と。

結果、現場の人にスーツケースを持っているのを見つかって、勝手なことをするな怒られました。でも、何も悪いことはしてないし、お客さんも感謝され、ライブ会場のスタッフにもいい印象を抱くだろう、どうするべきだったかなんて明白だ、と俺は思ったし、たとえそのバイトからその1件で解雇されたとしても、自分の行動にみじんの後悔も抱かなかったことでしょう。

 

きっと雇い主からしたら、厄介な飛び出た杭だったと思います。

ですが、俺はそれをこっちの方がルールよりも大事であると思ったから動きました。

ただそれだけです。周りに求められていることよりも、自分の考えたことの方がより良いと思っただけに過ぎません。

 

誰かに言われてやるんじゃなくて、自分で決めたからこそ動く。

f:id:hiroki0guitars:20161125145535j:plain

 

 その結果、自分も満足したし、さらには感謝する人も出た。不満を持つ人も出たけど、きっと俺が動かなければ、不満は持たれども、感謝をされることにはならなかったでしょう。

もちろん自分がいつも正しいというわけじゃないので、他人の考えも聞いてみる必要はあります、柔軟に考えてみることも必要なのは心得ています。

 

でも、自分で決めたことなら、誰かがやれって言ったからやった、なんてひどく醜い言い訳も生まれないでしょ?

 

だからこそ、俺は自信を持って言えます。

自分のために生きるのは正しいんだと。

そうやって選択して生きてきたから、俺の人生に後悔はないと。

 

自分に自信がある人は、自分の意思を信じられる人、その結果自分を幸せにすることができ、周りからも一目置かれます。

自分が定まっておらず、周りに翻弄されている人よりも、よっぽどカッコよくありませんか。

 

そして、自分の意思を持ってる人と周りに合わせるのが得意な人、どっちの方が一緒にいて楽しいでしょうか。

 

次は恋愛について書こうと思います。

 

それでは。